病気や事故に負けず幸せな生活を

脳腫瘍とは

脳腫瘍とは、頭蓋骨の内側にできる腫瘍のことです。他の臓器の癌が脳へ転移してきた転移性脳腫瘍と、脳組織自体から発生する原発性脳腫瘍があります。原発性脳腫瘍の発生率は人口10万人当たり年間約10人の頻度と言われています。脳腫瘍の原因は遺伝子の変異とされていますが、それ以上のことは現在でも分かっていません。

脳腫瘍ができると、慢性的な頭痛、吐き気、視神経の異常(しびれやまひ)のような症状がみられるようになります。現在の医学では、CT検査やMRI検査などの画像検査を行うことで、脳腫瘍の有無やどの場所にあるのか等ほぼ100%診断することが可能です。

治療方法は、手術により患部を全摘出することが最も有効ですが、正常の脳を傷つけると手や足が動かなくなるので、すべての腫瘍を摘出できないこともあります。放射線療法や抗がん剤による化学療法を併用して治療を行うこともあります。