病気や事故に負けず幸せな生活を

Splash Image

保険とは

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

公営保険

社会政策または経済政策的理由から実施される保険で、社会政策ないし社会福祉として行なわれる[社会保険]と経済政策として行なわれる[産業保険]があります。例として、[社会保険]は国民健康保険、国民年金、雇用保険、船員保険など、[産業保険]には農業保険、漁業保険、漁船保険、輸出保険などがあります。参照元:一般社団法人日本損害保険代理業協会

民営保険

民間の損害保険会社、生命保険会社が販売している保険です。 また、民営保険に該当する保険であっても、社会政策的趣旨から実施されているものがあります。自賠責保険(自動車損害賠償保障法に基づく)や地震保険(地震保険法に基づく)がそうです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

睾丸がんとは

喉頭がんとは

ペット保険について知りたい

家族の一員である大切なぺットですが、体調を崩した時に使える公的な健康保険がありません。 保険に入っていないと、病気やケガで動物病院の治療を受けたとき、かかった費用の全額を負担しなければなりません。ペットが病気やケガで動物病院にかかった際の治療費や手術代、入院費用などの一部を保障するのがペット保険です。 ペットの食事内容や飼育環境の向上、そして獣医療の高度化により、ペットの高齢化が進んでいます。高齢化が進むと同時に、ガンや糖尿病、白内障などの病気になるペットが増えているのも事実です。人間以上に治療費や入院・手術費が掛かることもあるので、こんな時にペット保険が欠かせません。保険があれば、医療費用を気にすることなく必要な治療を受けることができるでしょう。 年々ペット保険の需要は増加傾向にあります。保険会社からも多種多様なペット保険が発売され、より選択肢が広がってきています。商品によっては、医療費の補償の他にペットが他人に怪我を負わせてしまったり、他人のものを壊してしまい損害賠償責任が生じた場合に補償する賠償責任特約がセットされたものもあります。 ペット保険に加入できるペットの種類は、一般的には犬と猫です。また、ペットとして人気の鳥、うさぎ、フェレットをカバーする商品も珍しくありません。  

バイク保険の大切さ

損害保険と自動車保険について知りたい

あなたや家族の身体に生じた病気の治療にかかる費用を補償する保険には医療保険がありますが、第三者の身体や身体以外の大切なもの、例えば住宅や車に生じた被害を補償する保険を「損害保険」と呼び、略して損保(そんぽ)とも呼ばれます。 交通事故や火災、自然災害、盗難などがその一例です。 例えば、自動車保険も損害保険の一つです。自動車事故の際、搭乗者、第三者賠償、車などに生じる損害に備える保険です。 全く事故を起こさない人にとって、自動車保険は毎年お金がかかるだけのものですが、万が一事故を起こしてしまった時にはあなたの安心感になります。入っていなければ、自腹で全てを支払うことになりどん底の生活を送ることになり得ます。 そこで考えることは、いかに保険料を安く抑えて良い条件の保険に入るか、ということです。保険料は、あなたの免許証の色や、車に乗る目的、年齢、運転歴、車の種類、地域などによって変わります。安いから、親から勧められたからと言って契約せず自分で納得するものを選びましょう。

地震保険や地震共済加入の必要性

近年、東日本大震災や熊本地震を始めとする大規模な地震災害が発生しています。また、今後30年以内の発生が予測されている南海トラフ巨大地震では、高さ5m以上もの津波が13都県に襲うと予測されています。 いつ起こるか分からないのが地震です。いざその日がやってきた時のために、早急に地震保険や地震共済への加入を考えませんか? 家の倒壊や津波の被害を補償するのは地震保険です。火災保険のみでは、地震による被害が補償されません。地震保険単独では加入できないため、必ず火 災保険とセットで契約します。保険金額は火災保険の30~50%の間で任意に設定、限度額は建物5000万円、家財1000万円です。例えば、火災保険金 額が建物5,000万円、家財1,000万円の場合、地震保険金額の上限は建物2,500万円、家財500万円です。 保険料は、建物の所在地と建物の構造によって変わります。南海トラフ大地震が懸念される太平洋沿岸などの保険料は、最も高いレベルで設定されています。 自 然災害で家が全壊しても、国の公助は「被災者生活再建支援制度」の支援金最大300万円のみです。被災しても住宅ローンは免除されず、壊れた家のローンを 抱えながら、新たな家の住居費も二重に負担ことを想像してみてください。滅多に起こらない地震ですが、起こった時のことを考えると、地震保険に入ることが 賢明だと言えるでしょう。  

医療保険はなぜ必要なのか?

健康保険に加入しているのに、なぜ医療保険(入院保険)にも加入する必要があるのでしょうか? 病気や怪我で入院した場合、健康保険があれば負担は費用の3割弱でおさまりますが、100%カバーされるわけではありません。特に、治療日数が長引いたり健康保険対象外の治療をした時には個人の負担も大きくなります。 健康保険にも【高額療養費制度】といって、70歳未満の方が医療を受けた際に自己負担額が高額になり一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、超過分が後日払い戻される制度があります。しかし、【高額療養費制度】は保険対象の治療のみに適用され、先進医療には適用できないケースがほとんどです。 また、入院や手術には給付金が出るけれども通院には出ないケースもありますので、万が一の時に備えて、個人の負担を軽減する為やより最新の先進医療を受ける為に民間の医療保険に加入される方が多くいらっしゃいます。

Pages

提携広告