病気や事故に負けず幸せな生活を

保険

自動車保険と事故による怪我

交通事故で負った怪我の治療を受ける場合、健康保険で診療することができますが、自動車保険の保険金で診療することも可能です。自動車保険には、対人賠償保険や対物賠償保険をはじめとする相手(被害者)の為の補償や、自身の損害を補償する自損事故保険や人身傷害補償保険などの補償があります。

一方的に怪我を負わされた場合、自身が被害者となり、加害者の加入している自動車保険から、治療費などの損害賠償を受けることになりますので、被害者は医療費を立て替えることなく治療を受けることができます。

加害者が自動車保険に加入していない場合に使える「無保険車傷害保険」という保険も存在します。加害者が保険に加入していないと、十分な保険金は支払われません。加害者に資産があると補償してもらえますが、任意保険に未加入の人の多くは資産力がない場合がほとんどであると言えます。無保険車傷害保険に加入していれば、加害者から受け取るべき賠償金を立て替えてくれるので安心です。

海外旅行保険はなぜ必要なのか?

海外旅行保険とは、海外旅行中に発生した病気や怪我の治療費、宿泊先の器物損壊、携行品の盗難、「航空機遅延」「手荷物遅延」などフライトに関連し たトラブルなどのアクシデントに起因した損害を補償していくれる保険です。 経済面での補償だけでなく、日本語が通じない海外での日本語サポートやトラブル処理などが受けられます。保険料は、行き先や渡航日数で大きく変わります。

海外旅行に慣れている人でも、海外でどんなトラブルに逢うかは予想できません。万が一の時のために、旅行前には必ず海外旅行保険に加入することをお勧めします。

海外で急な病気や怪我になった場合、日本国内ではスムーズに対処できることでも海外では思うように進みません。また、健康保険を使って安価に治療を受けることもできず、高額な治療費をその場で支払うことになります。

海外旅行保険に加入している場合には、病気や怪我にかかったりトラブルに巻き込まれた際には言葉や文化の違う海外でも日本語で24時間コールセンターに相談することができ、瞬時に対応してくれます。また、上記のような高額な治療費の支払が心配ですが、各保険会社が提携している病院であれば、保険会社から病院へ直接支払いが行われるため、キャッシュレスで治療を受けることが可能です。

海外旅行保険

海外旅行保険とは、海外旅行中に発生した病気や怪我の治療費、宿泊先の器物損壊、携行品の盗難、「航空機遅延」「手荷物遅延」などフライトに関連したトラブルなどのアクシデントに起因した損害を補償していくれる保険です。 経済面での補償だけでなく、日本語が通じない海外での日本語サポートやトラブル処理などが受けられます。保険料は、行き先や渡航日数で大きく変わります。

海外旅行に慣れている人でも、海外でどんなトラブルに逢うかは予想できません。万が一の時のために、旅行前には必ず海外旅行保険に加入することをお勧めします。